シカクいブログ

あるプログラマーの随筆

小説が書けない

 恥ずかしながら、小説を書いている。ネット上に投稿して、そこそこの評価――と言っても、書籍化には程遠いもの――をいただけたものある。しかし、それは処女作であり、プロットもなしで、行き当たりばったりに設定を乗せたために、続きを書けなくなってしまった――エタったのだ!――。一人称だった所もツライところだ。

 それで、今度はひっそりと、ある程度完結の目処が立つまでは、オフラインで書こうと思っているのだが、これが難しい。三千字程度までは何とか書けるのだが、どうも面白くない。文章にどうも違和感があり、書いたり消したりを繰り返してる内に、飽きてしまうのだ。

 これではだめだ、と次は見直しを最低限に、とりあえず一万字まで書き続けてみようかと思っている。果たして私に完結作品が書けるのだろうか……。

 乞うご期待! である。